誰かを好きになって、相手に振り向いてほしいと、
誰もが思いますよね。
もちろん、最大限アピールすることが第一です。
ただ遠くから見詰めているだけでは、
自分の存在を気づいてもらえませんものね。
なるべく視界に入るようにする、話しかけるetc…
できることはいろいろありますよね。

恋愛は、相手があることなので、
相手が自分のことを100%好きになってくれる
とは言い切れませんが、
両想いになる確率を上げる方法というのがあります。

それは、あきらめないことです。

いくつか実際にあった例をご紹介しましょう。

A子さんは、大手損保会社に勤めるOLです。
自分でも、大きな会社に勤めているという自負がありましたし、
お給料もそれなりにもらっていました。

そんなA子さん、自分に自信があったため、
良い男性と出会えると期待していました。
ちょうどその時、ある男性が
A子さんに積極的にアプローチしていました。
A子さんは、「私には釣り合わない」と全く相手にしませんでした。
その後も、男性はアプローチし続けていたそうです。

それから何年か経ち、A子さんの周りでは同僚たちが結婚し、
寿退社していくのでした。
それを見て、A子さんは焦り始めます。

その後、どうなったかと思いますか。

A子さんにアプローチしていた男性と、A子さんは結婚しました。

この話は、実話です。
これとよく似た話も聞いたことがあります。

要は、思い続け、アプローチすることで確率が上がるのです。
振られてしまい、「じゃあもういいや、あきらめよう…」
と思うのは、所詮、その程度の想いだったということも言えます。

たとえ振られても、本当に好きだったらどうしても諦められらない、
と思うのではないでしょうか。

ただ、相手にどうしても自分のことを好きになってもらいたいと、
ストーカー行為を行ったのでは、
うまく行くものもだめになってしまいますので、
アプローチの度合いには気をつけたいものですが。

余談ですが、恋愛だけでなく、自分の夢も諦めなければ、
10年後、20年後…あるいはもっとかかるかも知れませんが、
実現する可能性が高くなるので、
たゆまぬ努力を続けていた人や、
人のためになることをしようと思って頑張っていた人には、
神様が夢を叶えてくれるでしょう。