私も以前そうだったのですが、
恋愛が全てというか、
常に好きな人がいるという感じで、
今思うと恋愛依存症になっていました。


ですが、いろんな男の人を見ているうちに、
当然、相手があることですし、
自分の思い通りにならないことの方が多くなってしまい、
恋愛に依存しているよりも、
自分が好きなことを自由にしている方が幸せ、
と思うようになりました。


私自身も、40代になって初めてそう思えましたし、
若い方は結婚したいという方も多いと思いますので、
この話は、例えば結婚しているのに他の人を好きになってしまうとか、そういう方向けになるかも知れません。


ではなぜ、恋愛に依存してしまうのかというと、
恋愛をして相手に振り向いてもらったりすることで、
自分は価値のある人間なんだ、
と思えるからなのです。

本当は、自分自身で自分の価値を認められていれば、
他の人に認めてもらうことをしなくても良いのですが、
それができないので、
恋愛することで自分の価値を確認しているのです。


このことが分かったのは、
私自身も、ようやく仕事で認められるようになったことがきっかけでした。


昔、私の上司(女性)が、独身を貫いていた時に、
恋愛体質だった私は、そのことが信じられませんでした。

今思えば、仕事でも何でも、
自分の価値を自分で認めていたからこそ、
特に恋愛で人に認められなくても大丈夫だったのかも知れません。




次から次へと恋愛の相手が変わる場合には、
1人の人との関係がマンネリし、
自分を見てくれなくなることで、
他に、もっと自分に注目してくれる人を探している可能性があります。

なので、そういった場合には、
自分で自分の価値を認めてあげているかどうか、
一度考えてみると良いでしょう。