異性からの視線を感じるという場合に、いろいろ検証してきましたが、
今回のパターンは、目の保養的に相手を見ている場合があることについて考えてみたいと思います。


誰しも、ステキだなと思う人のことはよく見てしまうものです。
しかし、自分にすでにお付き合いしている人がいた場合、どうでしょうか。

遠くからは見てしまうけど、彼女もいるわけだし、深入りするつもりはないから、
近くに行くと視線を合わせないというパターンです。

あるいは、付き合っている異性はいないけど、深く付き合うつもりはない、と思っている場合にもあてはまります。

本当にその人と深く付き合ってみたいと思うと、男性は言葉をかけることが多いです。
そうでない場合、奥手なのか付き合っている彼女がいるとか、何か理由がありそうです。

これが当てはまる状況としては、相手と言葉を交わしたこともないパターンが多そうですね。

あくまでも、憧れ、目の保養的に相手を見ているという感じです。

視線一つ取っても、いろいろな状況が考えられるわけです。