お付き合いや、結婚を考えている人の中には、
家族から反対されているという人もいることでしょう。

確かに、年長者の意見を聞くことは大事ですし、
大抵の場合、当たっていることも少なくはありません。

しかし、いくら周りから反対を受けても、
一番大事なのは本人同士の気持ちです。

もし、たとえうまく行かなかったとしたら、
それは自分が決めたことだから、納得が行きますよね。
でも、周りに反対されたから結婚を止める…というのでは、
絶対に後悔が残りますよね。

それに、あまり考えたくはありませんが、
親は順番から言えば自分よりは先にあの世へ行ってしまいます。

ちなみに、周りに反対されても愛を貫き、
幸せに暮らしている人の例をご紹介します。


私の知り合いの公務員の男性は、
バツイチで高校生の娘さんがいる人と結婚しました。

男性の親は大反対で、
その男性は、家を出て、彼女と一緒に暮らすことにしました。
(荷物は後から兄弟に送ってもらったそうです)

現在では、
奥さんとの間に子どもも生まれ、幸せに暮らしています。
余談ですが、
器の大きい人だったので、
今では出世して、部下を従えるようにもなりました。

心から好きだと思える人と結婚できたことで、
もっと頑張って稼ごう!とやる気がみなぎってきたのでしょうね。


本当に相手のことが好きだったら、
結果は気にせずに結婚してみることです。
そんなにもお互い好きになれる人と巡り合えたことは奇跡ともいえます。

ただし、暴力をふるうような相手や、
自分のことをばかにしたり、けなすような人は別です。
ちゃんと、お互い尊重し合える人と、幸せになってくださいね。